シコウのブログ

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

お出かけは標準ズームが便利だと思う

マウントアダプターEF EOS-Mを購入したことで、レンズの選択肢が広がったEOS M3。日常的な使い方では選択肢はキットレンズにEF 50mm f1.8を加えた3本です。

  • EF-M 15-45mm f3.5-6.3
  • EF-M 55-200mm f3.5-6.3
  • EF 50mm f1.8

 

この中でもメインになるのはやはり標準ズームのEF-M 15-45mm f3.5-6.3だと思います。特に子供連れのお出かけをするときはこのレンズ1本で良いかなと思っています。

 

やはり小型軽量が良い

1番の理由はやはり小型軽量であることです。子供連れのときはどうしても荷物がかさばるし、カメラ自体がジャマになることもあります。その点で小型軽量なM3に替えたことはやはり正しかったと思いますし、その特徴を最大限発揮してくれるレンズだと思います。

 

広角が便利

カメラを向けると容赦なく突撃してくることが多い娘を撮るには、接近されてもアップになり過ぎないで撮れる広角レンズが便利です。その点で広角側が15mmまであり、3倍のズームが効く15-45mmは便利です。ズームありきで考えると45mmは少し足りないのですが、軸足を広角に考えるととても便利に使えています。

 

ボカさなくても良い

 室内でEF 50mmf1.8をメインに使ってたときは「背景ボケが全て」みたいに考えていました。娘が外遊びするようになり、お出かけの機会も出てきたら考え方が変わりました。どこで撮った写真かはっきり残したいときは背景はぼかしたくないと思います。

また、娘の動きが速くなりフォーカスが合わせにくくなるにつれて、パンフォーカス気味に撮って失敗を減らしたいと思うようになりました。

まだ動きが少なかった頃に撮った写真でも、見返してみるとフォーカスがズレてる写真が多い(ウデの問題…)です。

 

 

そんな理由で、小型軽量なカメラに広角寄りのレンズで、被写界深度を深くしておいて、タッチシャッターという撮影スタイルが良いのかなと思って試行中です。