父親が考えたこと

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

単語を言えるようになってきた

1歳9ヶ月になった娘が単語を言えるようになり始めました。

 

探しているものを見つけた時などに「あった」というのは結構前から言っていましたが、名詞はなかなか言いませんでした。1歳9ヶ月を過ぎた頃だっと思いますが、青いものを指して「あお」というようになり、靴を指して「くっく」というようになり、木製のものを指して「き」というようになり、今日は赤いものを指して「あか」と言えるようになりました。

他には大きいトラックが走ってくると指差して「おおきい」ということが何度かありました。

 

自分でものを指して言えることはとても嬉しいようです。言えると少し照れながらも嬉しそうな顔をしています。エ段の発音が難しそうですが、一気に言葉が増えていくような雰囲気も感じます。

 

たどたどしく単語をいう様は、かわいいです。