父親が考えたこと

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

2歳の娘の帰省中の様子について

2歳の娘がどんな様子になるか、不安を抱えていた今回の帰省旅行。終えてみれば楽しく過ごしてくれたので良かったです。今回の記事は帰省中に感じたり気がついたことを残しておこうと思います。

 

言語能力が上がった

普段とは違う場所へのお出かけなど、イベントがあるごとに言葉が成長してきたように思っています。今回の帰省旅行でもその傾向がありました。

一番大きな変化点は、3つ以上の単語をつなげて文を作ることを上手にできるようになったことです。帰省旅行の前からできるようになっていましたが、帰省中にグンと上達しました。

「が」や「の」「を」などの助詞も適切に使えることが増えてきました。

大人のしゃべる言葉を聞いて真似して言える単語が増えてきました。出せる音が増えてきたことを自覚しているようで、初めての言葉でも躊躇なく言うことが多くなってきました。一方で、簡単に言えそうな音の単語をなかなか言わないことも多々あります。

 

走るのが大好き

午後に昼寝をできるように、午前中は散歩に出ていました。広場に行くと風が強く寒くても関係なく「はやい〜」「かぜ〜」「ぅう〜」などなど叫びながら走り回っていました。走るのが大好きなのは帰省前からそうだったのですが、帰省中は特に大騒ぎしながら走っていたように思われます。

f:id:maraissalant:20180104225510j:plain

家の中でも走ってしまいます。マンションなので音が響いて迷惑なので「静かに歩こうね」と言うと、一応工夫して静かに歩こうとしていました。足の運びがゆっくりになるものの力強く着地するので、必ずしも静かにはなりませんでしたが…

 

食べ物の好き嫌いが強い

好きなものから食べるので、好きでないものが残ってしまいます。ただしお皿に残すのは嫌なので、なかなか食べ終わりません。そんなときは親が分けてもらうという体裁をとって、お皿から無くします。

帰省中から始まったことに、お腹いっぱいなのに口に入れてしまい、いつまでも口の中に残すことがあります。遊んでる感じでもないので、怒るのも難しい。そういう状態にならないように量をコントロールするしかないかなというのが現状です。

これまで食べなかったきゅうりを食べてみるなど、 前進もありました。そこは良かったなと思います。

 

 

帰省中に様子を見て感じたところは、大きくは以上3点です。