父親が考えたこと

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

2歳3ヶ月で陥ったすべり台のスランプ

2歳3ヶ月の娘はすべり台が大好きでした。小さい子供用の小さなすべり台ですが、自分で階段を登ってはすべり降りて楽しく遊んでいました。ところが先週末に公園に遊びに行ったときに、うまく滑り降りることができなくなっていました。

※すべり降りられなくなったという情報は前日に妻から聞いていました。

 

様子を見たところ、座る位置が後ろ過ぎるので、すべり降りるために斜面に重心を移すことがうまくできなくなってしまったように見えました。

娘が1人でそんな分析をできるわけもありません。すべり台の上で半分パニック状態で、あるいはすべり降りられないことが不愉快なのか、大声で泣きながら両手を上げて「手を引いて滑らせて」と要求していました。

何度か挑戦してもやはりうまく滑れないので、その日はなだめて帰りました。

 

大好きなすべり台でスランプになるとは思いませんでした。本人もきっと同じで、できなくなったことを受け入れられなかったのだと思います。違うすべり台ならばできるかもしれないので、近いうちに違う公園に連れていければ良いなと思います。

 

f:id:maraissalant:20180403233135j:plain