父親が考えたこと

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

超広角レンズEF-M11-22mm F4-5.6 IS STMを買いました

約2週間前と少し前のことですが、ミラーレスカメラEOS M3で使う新しいレンズを買いました。買ったのはEF-M11-22mm F4-5.6 IS STM。超広角ズームレンズです。

 

標準ズームレンズEF-M15-45 IS STMでも広角側が15mmまであるので、広角レンズの購入には当初は興味がありませんでした。しかしネットで調べてみると、

  • 広角側の1mmの差は大きいらしい。
  • 軒並み高評価。特にコスパ

ということが分かりました。振り返って考えると、調べてしまった時点で買う方向に流れていたのだと思います。2018年3月時点での実売価格は34000円くらいです。

購入に関しては、貯まっていたドコモのdポイントを22000ポイント程使いました。なので、持ち出しは12000円くらいで購入できました。

 

3月30日に着荷して、別に発注したレンズ保護フィルターも翌31日午前中に届きました。ちょうど遊びに出るタイミングだったので急いで開梱してフィルターを装着して、さっそく使ってみました。

 

感想は、「超広角レンズって楽しい!」です。

 

何が楽しいかというと、自分が見ている景色よりも広く写るのが楽しいです。

 

f:id:maraissalant:20180411224345j:plainEOS M3,EF-M11-22mm (11mm),SS1/2500sec,F4.0,ISO100

離れて撮ると、子供の小ささが強調されて、小人さんが遊んでいるようです。

 

f:id:maraissalant:20180411224517j:plainEOS M3,EF-M11-22mm (11mm),SS1/800sec,F4.0,ISO100

近づいて撮ると、背景の遠近感が強調されて、子供が大きくなったように写ります。

 

f:id:maraissalant:20180411224645j:plainEOS M3,EF-M11-22mm (11mm),SS1/1600sec,F4.0,ISO125

レンズに触れられてしまうくらいに近くで撮れます。

 

15mmと11mmでこんなに差があるとは思いませんでした。振り返って考えると、初めてEF-M 15-45mmを使ったときは、EF-S 18-55mmと比べて広くなったなぁと思っていました。やはり広角側の1mmの差は大きいのですね。

距離を取るのが難しい遊園地や動物園などで活躍しそうです。そういうところに行くのが楽しみです。

 

超広角レンズは使いこなしが難しいと聞くので、いっぱい練習しようと思います。