父親が考えたこと

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

今を大事にすることを考えさせられた

昨日、2歳9ヶ月の娘と接しているときに、「未来も大事だけど、今が大事」なんてことを考えさせられることがありました。

娘は自分の写真やビデオが大好きです。スマホやカメラを持っていると(持っていなくても)、
「〜〜してる〇〇ちゃんを撮る」
「〜〜してる〇〇ちゃんを見る」
と言ってきます。撮ることも見ることも構わないのですが、少し問題があります。それは見始めると長くなってしまうことです。
スマホやカメラの画面で見る場合も、ビデオカメラをテレビにつないで見る場合も、あまり長いのは眼のために良くないのかなと思います。

対策として、写真を印刷して飾っています。娘の身長では見えにくい高さになってしまっていますが、一応いつでも見られる状況を作りました。他には飾る写真を入れ替えるときに外したものをまとめてあげました。

この対策で一度は落ち着いたのですが、また新たな展開が起こりました。撮る・見るだけでなく、
「〜〜してる〇〇ちゃんの写真を印刷する」
と言うようになったのです。

その度に印刷するのは面倒だし、我慢することも練習させたいと思い、「今日は印刷しないよ」と伝えました。そして七五三の写真を撮る日が近づいていたので、「七五三の着物を着た〇〇ちゃんを撮って、印刷しよう」と続けました。これで丸め込めるかなと思っていたら、半べその娘に返された言葉がこれです。
「明日じゃなくて今日の〇〇ちゃんが良いの!明日とかじゃないの!」

このときは結局この言葉に負けて、写真を撮り印刷しました。

明日じゃなくて今を楽しむ生き方。未来のために頑張るのも大事だけど、今を大切に生きることも大事。そんなことを考えさせられました。