父親が考えたこと

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

美女と野獣が大好きで、長女が英語に興味を持ちました

2歳11ヶ月の長女が大好きな話は、ディズニーの美女と野獣です。絵本もたくさん読んでいるし、DVDもたくさん観ています。もともと黄色が好きだからベルが好きなのか、ベルが好きだから黄色が好きなのか、自分が着る服は黄色いスカートやワンピースが大好きです。

Eテレの「いないいないばあ」や「おかあさんといっしょ」すらも、ちょっとしたところで怖がってしまい観なくなった長女。特にアニメーションが好きでないようでした。テレビの見過ぎを注意する必要がなかったので、それはそれで良かったです。
しかしいつまでもアニメーションを怖がっていては色々と不便とも思ったので、DVDを用意したのが昨年末です。

アニメーションを恐がる傾向があったので、DVDを見せ始めたのは今年の秋頃でした。妻が妊娠後期になって家の中で過ごす時間が長くなってきた頃だったと思います。
2枚用意したDVDはシンデレラと美女と野獣です。初めは動きがゆっくりで話もより穏やかなシンデレラから見始めました。シンデレラにも夢中になりましたが、美女と野獣を見せたらあっという間に虜になりました。

見るのは1日1回という約束も守れています。

買ったDVDには本編の他にも英語版も収録されています。先週末にいつも通り日本語版の本編を見て片付けようとしていたら、もう少し見たいと長女が言い出しました。本編以外も収録されているのを知っていて、それを見たいと言うのです。

少しなら良いかなと思って適当に再生したら、英語版(歌には字幕が出るsing along版)が始まりました。
英語では言葉が分からないし、嫌がるかなぁと思っていたら、長女の表情は真剣そのもの。そして強い口調で「観る」と言い切りました。
途中だったか終わってからだったか忘れましたが、自分からこんなことを言いました。
「英語を勉強して、全部分かるようになりたいの」

好きなものを通じて英語を自ら学びたいと言ってくれたのはとても嬉しいです。どうやって伸ばしてあげるかが問題ですが、興味を持ったことを伸ばしてあげたいです。