父親が考えたこと

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

3歳の長女が鼻のかみかたを覚え始めました

3歳の長女が風邪をひきました。熱は少し上がって鼻が出ますが、そんなに重症では無いようです。鼻水が詰まって苦しく、鬱陶しそうなのです。しかし、自分で鼻をかむことができるようになってきたという点が、今までより成長した点です。

 

以前は自分で鼻をかむことはできなかったので、鼻水の除去はくしゃみの勢いに任せるか、鼻吸い機を使う必要がありました。「片方の鼻を押さえて、ふんっと鼻から息を出す」という風に鼻のかみかたを教えていたのですが、うまくできませんでした。

しかし今回の風邪では自分で鼻をかんで、鼻水を出せるようになってきました。いつもうまく出せるわけではないけれど、大きな成長だと思います。ただし、出てきた鼻水をティッシュを使ってうまく取ることがまだ難しいようです。

 

鼻を自分でかめるようになるのはいつなのだろうと、以前感じていたことが懐かしいです。

 


f:id:maraissalant:20190201233137j:image