父親が考えたこと

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

次女の成長(体重増加)が早い

平均的な体重で生まれた次女。標準範囲の上限をなぞるように成長曲線を描き、4か月の時点でほぼ8kgになりました。長女は誕生時こそ大きかったですが、その後は標準範囲の下限寄りで成長しています。

 

誕生月が一月しか違わず(次女が1か月早い)、同じ女の子なので服を着回せると思っていました。しかし大きくなる速さが異なるので、服のサイズと季節が合わない事態になりました。

サイズが60から70に変わるのと、首座りと、季節の変わり目とが絡んで微妙な状態です。乳児期は成長が速い。一方で寝返りをしたのは長女の方が早かったです。姉妹でも違うものだなと感じます。