父親が考えたこと

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

EF-S18-135mmが欲しいと書いたものの…

物欲の話を連投です。

先日、EOS80Dで使う高倍率ズームが欲しいと書きました。具体的にはEF-S18-135mmのSTMかUSMです。記事にはしたものの、モヤモヤとした気持ちが残りました。3日経って、今現在の気持ちは「今はレンズを買うのはやっぱりやめよう」になりました。その経緯を記します。

 

 

80Dと高倍率ズームを日常的に使えるか?

という疑問が湧きました。撮り勝手は良いですが、大きさと重さは自分にとって手軽ではなくなります。80DとEF-S55-250mmの組み合わせを首から下げていて、3歳の長女の頭に当ててしまい「カメラしまって」と言われたことがあります。18-135mmをつけてもほぼ等しいサイズになるので、子供と遊びながら撮り回すのは大変そうです。

しかもすぐに次女もよちよちと歩き出します。

この先半年から1年の間に行きたいと思っている動物園や牧場、ディズニーランドでも活躍しそうな焦点距離ですが、あのサイズと重さのカメラを撮り回せるイメージが湧きませんでした。

 

ならばEOS M3を活用しよう

というわけで、EF-M18-150mmの存在を思い出しました。こちらは全く同サイズのEF-M55-200mmで取り回しの良さを確認済みです。日常的に使うときも、出掛けたときに使うときにも良さそうです。

 

しかし高い

価格を調べると中古で3.5万円程度、新品では5万円程度でした。EF-S18-135mmのUSMと大差ないとも言えますが、2.5万円しないSTMと比べると倍近いイメージです。

レンズ単品で買うよりもボディとセットの方が割安ではありますが、ボディを買い換える気持ちも萎えているので、その選択もなし。

 

結局、様子見

当面はM3にEF-M55-200mmを持ち出して、広角側をどれくらい使いたくなるのかを自己観察します。