父親が考えたこと

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

長女が傘を普通に使えるようになった

強い雨が降った先週末の土曜日のこと。3歳半の長女が雨の日に普通に傘をさせるようになりました。幼稚園に通うようになったら傘は必要だろうと考えて、長女用の傘を用意してから4ヶ月くらいでしょうか。初めは上に向けてさし続けることもできなかった(遊んでしまっていた)ですが、しっかりさせるようになっていました。

 

さらに感心したのは、クルマの乗り降りのときです。乗るときにクルマのそばで「ここで傘を閉じて乗ろうね」と声をかけたら、自分で傘を閉じてクルマに乗り込みました。降りるときは、何も言われなくても自分で降りて、それから自分で傘を開いてさしてました。

 

だいぶ手間がかからないようになったなと思い、成長を感じました。知らないうちにどんどん成長していくことを改めて目の当たりにして、少しだけの寂しさも感じました。