父親が考えたこと

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

11か月になり、立つ・歩くが出来るようになってきた

11か月になった次女が、伝い歩きから手を離して2,3歩ですが歩くようになりました。両手を離して立てる時間もだいぶ長くなり、立ったその場での方向転換もできるようになりました。

 

立ったり歩いたりが楽しいので、色々なところでつかまり立ちをしたり、歩いたりをしています。しかしまだフラフラなので、バランスを崩して顔をぶつけては泣いています。アザを作ることもしばしばあります。

 

かまり立ちとつたい歩きが長女に比べて早かったので、長女よりもハイハイが少ないかなと感じていました。しかし最近はハイハイもスピードが上がってきました。何か見つけると高速ハイハイで突進していきます。

ハイハイをするのに気持ちが進みすぎるのか、膝をつかないハイハイ、つまり足の裏と手をついての四つ足歩行をしていることも。ハイハイ以上に体幹が鍛えられそうです。

 

しばらくは転んでアザを作ることもありそうなので注意が必要です。今が一番そういうケガをしやすい時期かもしれません。

同時に、家の中にハイハイをする子がいる期間の終わりも感じ始めました。成長は嬉しくて楽しいのは間違いないですが、少しだけ寂しいような気もします。