父親が考えたこと

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

電動鼻吸い器が壊れた

鼻水を吸引してくれる鼻吸い器。3歳の長女は自分で鼻をかめるようになりましたが、11か月の次女はもちろん自分で鼻をかむことなどできません。そのため、風邪をひいて鼻水が出る・鼻水が詰まるときには電動鼻吸い器に助けてもらいます。combiのS-80というモデルです。

 

買ったのは長女が2歳になった後くらいだったと思います。それまでは親が口で吸う力で吸引するタイプのものを使っていました。買った時期はうろ覚えですが、それに比べると吸引がずいぶん楽に、かつ、しっかりとできることに感動した記憶は強く残っています。

 

それから2年くらい、始めは長女が、そして次女が順にお世話になりました。使用につれて吸引機構に接続するパッキンが伸びて溝から外れやすくなり、取り付け時に力を入れないと取りつかなくなっていました。

この数日、次女の鼻水が激しくなり、電動鼻吸い器の稼働率が激増している中で、ついに破損しました。パッキンを取り付ける溝の根元部分からぼっきりと。根元に近い溝の隅。応力計算をすれば計算通りの破壊箇所です。

 

新品はAmazonで1万3千円程度で翌日配送、交換部品はcombiで3千円程度で恐らく1週間納期。ひとまずは接着剤での修復を試みます。セメダインスーパーXGは1時間硬化後に手でこじったら、ぽっきり折れてNG。100均で買った瞬間接着剤はひとまず大丈夫そう。1週間くらい持ちそうであれば、combiのサイトでスペアパーツを手配したいです。

 


f:id:maraissalant:20191014231001j:image

(接着前の画像はなし)

 

追記

瞬間接着剤で固定したら良い感じだったので、取り付けました。挿入時は問題なかったものの、抜き取り時に外れました。なるべく早く復旧させたいですが、費用を考慮して交換部品を発注しました。