読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シコウのブログ

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

ミラーレスは候補になるか

現在使用しているEOS Kiss X2から、ライブビュー撮影が可能でかつ暗所に強いカメラへの買い替えを検討しています。ライブビューという視点が増えたことで、気になってきたのはミラーレスカメラです。Kiss X2との併用を考えるなら、ミラーレスのEOS M3やM10が候補に上がります。

考えた結論は、併用はあまりしたくないので、あくまで一眼レフを候補にしたい、でした。

最大の理由は、やはり一台で運用したいからです。

荷物の問題から、出先でカメラを2台持ちはあり得ないと思っています。なので状況ごとに持ち出すカメラを選ばなくてはなりません。そうすると選択ミスを起こすこともあるはず。そうしたら悲しいです。

所有物を複雑にしないで済む点からも、やはり一眼レフ一本で行きたいです。

ミラーレスで全てをまかなえれば良いのですが、どうやらそれは叶わなそうです。店頭で実機を触ってみたところ、最大の懸念だったフォーカス速度はM3ではほぼ気になりませんでした。もしかしたらM3ならば全てをまかなえるかもしれないとも思いました。でもモータースポーツ撮影にはやはり不安があります。

4月発売予定のM6ならば、大丈夫かもしれません。数年後にミラーレスがもっと進化して、一眼レフと比べても全く遜色なくなるかもしれません。そうしたら考えが変わりそうですが、それは今の話ではありません。

ミラーレスの小ささには惹かれます。

やはり一眼レフよりも小さくて軽いのはミラーレスの大きな魅力です。でも、結局ボディと鏡筒があるのは変わらないので、ポケットサイズではありません。EFレンズアダプターを装着したら、Kissと同じくらいの重さになってしまいます。

小ささ軽さは重要な要素だということを、ミラーレスの検討を通じて思い出しました。思い返せばサーキットではKiss X2でも首から下げていると首が凝ってました。

そして光学ファインダーをのぞいて撮影するという撮影スタイルを諦められません。

ライブビューを使うことはあっても、やはり基本はファインダーと思っています。Kiss X2でファインダー撮影に触れなかったら、多分、撮影することが楽しいとは思わなかったでしょう。だから、やはり光学ファインダーは必要です。

小ささ重さも考慮した上で、Kiss X2からの最小限のアップデートでOKな一眼レフ、という結論ならば、自ずと買い替え時の候補が見えてきた気がします。