父親が考えたこと

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録

頸椎症による頭痛を心配しながらのディズニーランドでのカメラ事情

頸椎症の痛みが発生しないか心配しながらのディズニーランドでした。結果的にはクルマを運転して着いた頃には痛みが出てきたものの、パーク内に入ってからは痛みを感じること無く1日過ごせました。まるで魔法にかかったように、痛みを感じなかったのです。長女が疲れてしまって夕方からは抱っこする時間が長かったにも関わらず。

f:id:maraissalant:20201023234147j:plain

EOSM3 EF-M15-45mm f5 1/500s ISO100 15mm

 

首に不安があったので、カメラもなるべく軽くすることを最優先に考えました(持っていかない選択肢は無い)。

今回選んだのはEOS M3(約370g)にEF-M15-45mm(約140g)です。暗くなってから用にEF-M22mm(約110g)も持ちました。

 

結論

  1. 軽くて小さいのが本当に良かった!
  2. レンズはEF-M15-45mmでOK
  3. 暗くなってからはキツかった

 

重さと大きさ

合計で500g程度。首の痛みが出ないことに多いに貢献したと思われます。片手持ちでのタッチシャッターも全然問題なし。今回の条件では正しい選択でした。

 

f:id:maraissalant:20201023234459j:plain

EOSM3 EF-M15-45mm f6.3 1/100s ISO1600 45mm

 

レンズ選択

標準ズームEF-M15-45mm

主に子供を撮影する目的にはぴったりでした。35mmフルサイズ換算で24-70mmに相当しますが、広角/標準/望遠それぞれの特徴が出る焦点距離を使えるので便利です。撮影枚数としては広角~標準域が多かったですが、景色を撮る時には望遠端の45mmも使いました。

f:id:maraissalant:20201024000346j:plain

EOSM3 EF-M15-45mm f6.3 1/320s ISO160 45mm

※トリミング&加工あり

 
EF-M22mm

EF-M15-45mmは開放f値が3.5-6.3と大きめなので、少しでもシャッター速度を速くしたい夕方からはEF-M22mm f2に交換しました。が、ISO感度をM3上限の12800まで上げなければ撮れないことも多くて、100%満足はできない結果でした。M3のISO12800はガサガサです。

近くにライトの無いベンチに座った子供を撮るのはかなり厳しい条件でした。

普段はJPEGで記録していますが、RAWに切り替えて現像で頑張るなど、振り返ると出来ることはもっとあったなぁと思います。経験値と判断力がまだまだです。今後に生かしましょう。

f:id:maraissalant:20201023235057j:plain

EOSM3 EF-M22mm f2 1/60s ISO1600 22mm

 

ファインダーが無いことも気にならず。撮影だけが目的ではない時に、小さくて軽いことって凄く大事なことだと感じました。

 

1歳11か月の次女の三語文

もうすぐ2歳になる次女。最近は三語文で意思を伝えることが出きるようになり、回数が増えてきました。

 

「とうさん、となり、いく」

(お父さんの隣に行く)

「おかあさん、うた、なに」

(お母さんが歌ってる歌は何?)

「おっきい、みたと、食べる」

(大きいトマトを食べたい)

など。最後に自分の名前を付けて四語文になることもあります。

 

親や長女の会話も聞いていて、要領を得た言葉で参加してくることもあります。かと思えば、全く的外れな言葉を言うことも多々。まさに鋭意習得中という感じです。

 

早く会話に参加したいようなので、喋りが上手になるに連れて喋る時間も長くなり、賑やかになりそうです。

 

美女と野獣の世界が増えたディズニーランドへ行ってきた

幼稚園の運動会代休を利用して、10月5日の月曜日にディズニーランドへ行ってきました。チケット完売ということでそこそこの混雑を予想していきました。

体感としては「凄い混んでる!」でしたが、アトラクションやレストランの待ち時間を考えると、入場者数としては少なかったのだと思いました。スタンバイの列が屋外かつ距離を保って作られるように誘導されていました。待機列が見えるところにたくさんあったことが、混んでると感じた要因のようです。

f:id:maraissalant:20201011211747j:plain

 

美女と野獣の新アトラクションや、グリーティングの抽選は全て外れました。1つくらいは当選できるかなと期待していたので、残念です。

11時からのチケットで、11時に入園してすぐに応募しました。抽選応募のタイミングとか色々あるような気もしますが、狭き門には違い無さそうです。

 

パレードルートでのグリーティングや、キャッスルグリーティング、ナイトフォールグロウは見ることができました。長女にはキャラクターには会えないかもと伝えていたので、「乗り物だけだと思っていたけど、会えて良かった」と言って喜んでいました。

 

長女は今回初めて乗った、空飛ぶダンボと蒸気船マークトゥウェイン号がお気に入りに追加されたようです。プーさんのハニーハントはNG。大きな音や、少し不思議な映像が怖かったようです。そう考えると美女と野獣のライドも当選しなくて良かったのかもしれません。

f:id:maraissalant:20201011211841j:plain

 

f:id:maraissalant:20201011211930j:plain

 

次女はIt's a small worldがお気に入りのようでした。他のアトラクションは反応が薄くて、どうだったの分かりにくい感じではあるのですが概ね楽しかったようではありました。反応が薄いのは、長女がほぼ同じ年齢(2歳目前)で行ったときと同じでした。

f:id:maraissalant:20201011212111j:plain

 

長女がに運動会の疲れが残っていたり、買い忘れたお土産があったりと残念なところもありました。それでも楽しさはその何倍もあったので、行けて良かった。

 

 

学年別開催で凝縮された、年中の運動会

コロナ対策として学年別で開催された、幼稚園の今年の運動会。先日無事に終えられました。学年別なので、園児達は次から次へと種目をこなし、1時間くらいでプログラムを終えました。去年は午前中のみで終わり、「コンパクトに詰まってて良いな」と感じていましたが、今年はそれ以上に凝縮されていました。今年の方式は感染拡大防止以外にも良いところもあったと思います。

 

運動会を終えた長女の感想も「楽しかった」が一番に出てきて良かったです。ただ、クラス対抗のリレーで勝てなかったことが悔しいようです。全員参加で色々と難しいところもあるので、頑張ったから良かったねと声をかけても勝敗に対するこだわりが強い模様。

父としては親子競技に参加しましたが、自分の時に1つ順位を落としてしまったのが悔しいです。もっと思い切り行ければ良かったなと。

 

親子ともに悔しい思いがありますが、次女も飽きながらも乗り切ってくれ、総体的には楽しい思い出が作れて良かった。

 


f:id:maraissalant:20201007125214j:image

 

運動会前日の準備

長女が通う幼稚園の運動会の前日になりました。今年は学年毎に分散しての開催ですが、とにかく開催されること自体が良かったです。他の学年の種目を観るのも楽しみでしたが、仕方ないです。子供たちは練習の様子を観ているようなので、良かったと思います。当日は天気も良さそうで楽しみです。

 

記録班の父親としては、いかに良く映像記録を残せるか、です。今年もハンディカムによる動画は妻に任せて、一眼カメラで撮影に望む予定。まだ1歳前の次女を抱っこしながらだった昨年は、小型軽量を優先してEOS M3で臨みました。その結果、動きのある場面でのフォーカスに苦戦しました。今年はEOS 80Dで臨みます。レンズは先日購入したEF-S55-250mm STMです。

昨年はずいぶん悩んだ気がしますが、今年はスパッと決まりました。

 

問題は、1歳の次女が落ち着いていられるかどうかかなと思っています。お迎えなどで幼稚園に行くと楽しくて仕方がないみたいなので、盛り上がってしまうのが心配です。1人でハンディカムも動かすことも考えておかなくてはなりません。

80Dでも動画を撮るつもりですが、それぞれに良さというか撮れるものや撮りやすさが違うのでどう分配するか。楽しい悩みです。

 

 

美女と野獣の世界のあるディズニーランドへ行ける日が近づいてきた

1か月程前にチケットを購入した、ディズニーランドへ行く日が近づいてきました。チケットを購入した後にニューファンタジーランド等のオープン情報があり、とてもとても楽しみにしています。

チケット購入時点でGo toトラベルの東京発着分開始や、イベントの収容上限人数の緩和等のニュースがあったので、ディズニーランドもパレードの再開やショーの再開などあるかなと期待していましたが、予測とは全く異なる形で、良い意味で、裏切られました。

 

f:id:maraissalant:20201001175247j:plain

EOS M3 EF-M15-45mm f3.5 ss1/60 ISO1600 2017年に撮影 トリミングあり

 

4歳の長女は、ディズニーランドへ次に行くときはエルサのドレスを着ていくんだと意気込んでおりましたが、美女と野獣のお城ができたと聞いて、ベルのドレスにしようかと悩んでいます。

 

次女は適当にごまかしていこうと思っていたのですが、

  1. 姉がキラキラのドレスを持っていると知った
  2. それは着られるものだと分かった
  3. 公園で遊んだ友達が、たまたま着てた

という条件が揃ってしまいました。長女は現地で着替えさせる予定ですが、その時に次女が荒れると大変。というわけで、行く日までに届くものを選んで、昨晩Amazonにて発注しました。

最近は行く前からお金がかかるようになりました。

 

様々な制限があるとはいえ、空いている(人が少ない)ことが保証されているディズニーランド、楽しみです。美女と野獣のアトラクションは抽選に外れても仕方ないと割り切っていますが、エリアだけでも楽しみです。

 

 

1歳10か月、言語爆発期到来2

もうすぐ1歳11か月になる次女の言語習得が加速し続けています。慣れない言葉は相変わらず小さな声で練習して、自信を持って言えるようになったら大きな声になるスタイルを続けています。

気がつけば「ここ、これ、置く」みたいな三語文も使っていました。「わんわんだーんす、ふぅふぅ⤴️」なんて歌ってみたり。

 

言葉を操り始めて、意思もだいぶハッキリと示すようになってきました。既に頑固な性格が見えているので、この先どうなることやら。