読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シコウのブログ

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

Kindleは便利だけど紙の本も良い

Kindleでの電子書籍による読書と、紙の本による読書体験の違いについては、確かに存在していると思います。Kindleの愛用者ではありますが、紙の本での読書の方が深さがある気がします。

 

先日、久しぶりに文庫本での読書を始めました。電車で立って読むにはページをめくるのが(Kindleに比べると)手間に感じることはあったものの、ページをめくって読み進めていく感覚が気持ちよかったです。文字などの情報だけではなく手触りなどの感覚も読書の重要な要素なのだと感じました。

 

Kindleでは実用書を中心に読んでいます。ハイライトした部分をWebで管理できるのが実用書を読むのに適していると思います。これは読書メモをデータで作る(自分の場合はEvernoteを利用)場合は、とても便利な機能だと思います。

ただ、試験勉強をするときのように、ある本を読みこんでいくときには直接書き込めたり、物理的な付箋を貼ったりできる紙の本の方が向いていると思います。「テキストのあの辺に書いてあった」という情報も記憶の助けになるので、そういう情報は物理的に存在している紙の本ならではなのかなと思います。

 

とはいえ別記事で書いたようにKindle電子書籍)にも多大なメリットがあるのは事実だと思います。二者択一のものでもないし、うまく併用することが良さそうです。

 

 

maraissalant.hatenablog.com

maraissalant.hatenablog.com