父親が考えたこと

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

80Dに高倍率ズームが欲しい

一眼レフの交換レンズ。久しぶりに物欲の話です。自分の気持ちの整理・確認のために記事にします。

 

EOS 80DのレンズにはEF-S18-55mm、55-250mmとEF50mm f1.8を持っています。EF-S55-250mmはSTMになる前の古い型なので、STMに買い替えたいと思っています。

子供と遊びに行くときに18-55mmまたは50mmmだと少し望遠側が足りないと思うことが増えてきたので、EF-S18-135mmも欲しいなと思っています。望遠重視で55-250mmをにすると、広角側が足りない思いをするので。

長女が3歳になり、公園でも少し遠くまで勝手に走って行って遊ぶことが増えてきました。そんな時に望遠で引き寄せたいなと思ったわけです。あと半年もすると次女がよちよち歩き出すので、そのときには望遠も広角・標準域も1本のレンズで撮れると嬉しいはずです。

18-135mmは2種類あります。安いSTMモデルは中古良品で2万円ちょい。AFの速さで評価が高いUSMモデルは中古良品で3万円ちょい。手が出せない金額ではないなと。

 

 

ただ、中古良品で1万円ちょいの55-250mmも買いたいことを考えると、合計で3.5万円から4.5万円。結構な金額になってきます。

しかも、それくらいの金額だとシグマの18-200mmや18-300mm(すごい!)を新品で買えてしまうようです。純正でないことへの不安感はありますが、200mmや300mmまで1本でまかなえてしまうのはとても魅力的。大きさ重さはEF-S18-135mmと同等以下らしいので、それも魅力的です。

ちなみにタムロンキヤノンとズームリングの回転方向が逆のようなので検討からは除外。キヤノンとシグマは同じようです。ズーム時の回転方向は意識していないけど、無意識ということは逆だと混乱しそうです。

 

 

最後にはキヤノン純正に落ち着くと思いますが、シグマの高倍率ズームは魅力です。判断の基準は次の2点かな

  1. 実用面:18-135mmの135mmで足りるのか。
  2. 精神面:サードパーティーの不安を受け入れられるか。

悩んでる今の状況を綴りました。