父親が考えたことのブログ

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

2歳の娘の1人遊びについて

先週末は自宅で過ごす時間が長かったので、家の中で2歳5ヶ月娘がどんな風に遊んでいるのかを見る時間が多くなりました。見るとは言いつつも基本的には遊んで欲しくて寄ってくるので、一緒に遊ぶ時間が長くなります。そんな中でも、1人で遊んでいる様子を伺うことができる時間がありました。昼食後に昼寝をしていた間です。

 

昼食後ということで両親ともに眠くなり、「昼寝するね」と声をかけて横になりました。できれば娘にも昼寝をしてもらいたいのですが、ご飯を食べ終えると元気になる娘は全力で遊び始めます。昼寝させるのを諦めて横になっていると、初めのうちは話しかけてきたり近くで遊んだらして、寝かせまいとしてきます。しかしある程度時間が経つと諦めて1人で遊び始めるようです。

 

30分くらい経って昼寝から気がつくと、娘が1人で忙しそうに家の中を歩きながら、何かを言い続けています。聞いてみると、

「おいしいおやつがあるから、おうちまで我慢してね」

「おいしいおやつがあるから、お父さん頑張って」

「おやつは今日はお店で食べるからね」

「おやつはお店から持って変えるからね」

などと言っています。どこで食べるのかは一貫していませんが、とにかくおやつを目当てに頑張らせる方針のようです。

 

おそらく、自分が言われたことのある言葉を口にしているものと思われます。

 

とりあえずそのままにして、もう30分くらい寝ました。そして起きて話を聞いてみると、

「ここにカマラがあるからね。お父さん食べて」

「カマカマでカマラ買ってきたよ」

「おいしいおやつがあるから、お父さん頑張って」

と、なぞのカマラというおやつを勧められ続けました。

 

耳にした言い回しをよく覚えているなぁと思う時と、2歳児特有の謎ワードに困惑する時とが一緒にやってきます。それでも頭の中でストーリーができていて、1人でごっこ遊びのようなことに夢中になることができるようになってきました。

 

言い聞かせるような口調が多いです。家の中に妻の小さな分身が現れる日もそう遠く無い気がします。