父親が考えたこと

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

3歳の長女の地震トラウマの経過観察

昨日のお昼ご飯のときに発生した地震で、地震に怯えるようになった3歳の長女。親としては、一晩明けたら地震のことは忘れているかなと期待していました。

結果は、しっかり覚えていました。

食べ始めは何事もなかったようにいつもの椅子に座って食べ始めました。しかし少し食べたところで、
「この椅子に座ると地震が来るから怖い」
と言い出しました。無理に座らせ続けても可哀想だし、意味もないと思ったので当面は大人用の椅子に座らせることにしました。

幼児用の椅子はそのうちに次女に譲ることにしたかったので、ちょうど良い機会として長女は大人用の椅子に移行させることにしようと思います。かさ上げするクッションを買わなくては。

ただし、地震が起きたときに座っていた椅子に座っていなくても、地震は起きるかもしれないことを理解させる必要を感じました。
まずは、地震はいつでも起こりうることを理解させる。併せて地震が起きたらどうするべきかを理解させる。地震国に住む者にとって大切なことを、思っていたよりも早く理解させる必要があると感じました。

3歳の長女、地震がトラウマに?

今日の13時半ごろにあった、茨城県南部を震源とした最大深度4の地震。私の住んでいるところでは震度2程度だったと思います。ちょうどお昼ご飯を食べようとテーブルについたところでした。

 

以前は緊急地震速報が流れても、実際に揺れが来ても動じなかった長女です。しかし最近は地震で揺れることを怖いと考えるようになっていました。椅子に座ってご飯を食べようとしていたところで揺れ始めたので、とても怖がっていました。揺れが収まってからも気持ちが収まるまでしばらく抱っこをして、お昼ご飯を再開しました。

 

夜ごはんのために椅子に座ったときのことです。座って数秒後におびえた顔で

「何かが来た!早く抱っこして!」

と叫び始めました。落ち着く気配がないのですぐに抱っこして尋ねてみると、

「何かがドアを開けて入ってきた」

「何かが急に入ってきた」

と娘は答えます。

 

「これじゃあご飯食べられないから座って」などと言い聞かせるのですが、収まる気配はなし。さらに話すうちに、どうやら椅子に座ると昼間の地震を思い出して怖くなってしまうらしいことが分かりました。普段は子供用の椅子を使っているのですが、とりあえず大人用の椅子にクッションを重ねて座らせてみると、落ち着いて食べ始めました。

 

「あの椅子に座ると地震が来るから怖いの」

と少し落ち着いてから娘が自分で言っていました。地震が本当に怖くて、椅子に座るのがトラウマになってしまったようです。一晩寝てみてどうなるか分かりませんが、ひとまず様子見です。

 

震度2程の地震でこうなので、もっと大きな地震だったらどうなるか。遠くない将来に大地震が起きるだろうといわれる状況で、心配です。同時に、各地で相次いでいる地震の被災者の方はさぞ大変だろうと、思いをはせるきっかけになりました。

 

妻は「トイレの中でなくて良かった」と分析していました。現在トイレトレーニング中なので、トイレがトラウマになったらトイレトレーニングが頓挫してしまいます。その通りだと思いました。

 

 

2ヶ月の次女が微笑んでくれるようになりました。

2ヶ月の次女が呼びかけに応えて笑ってくれるようになりました。新生児微笑ではなくて社会的微笑というらしい、何かに対して興味があるからで笑うものだと思います。

何が面白いのかはわかりませんが、顔を覗き込んで「お父さんですよー」と言うだけで笑ってくれます。あまり眠くもなくお腹も空いていない、穏やかな時に笑ってくれるみたいです。眠い時や空腹の時は不機嫌だからか、笑わずに泣いてくれます。

顔を見て呼びかけて笑い返してくれるのは嬉しいものです。

2019年1月時点での物欲記録

今年2019年の1月時点での物欲記録です。今年の年末には購入しているのか、していないのか。あるいは購入できないのか。

iPadタブレット

今年は新聞をもっと読み込みたいと考えています。通勤時に読めると良いと考えており、そのためのツールとしてiPadを使いたいと思っています。新聞は紙で定期購読していますが、毎日持ち出すと妻が不自由するだろうし、混んでいる通勤電車で紙の新聞を広げて読むほどメンタル強くないです。
新聞を読むならiPadの大きさが良さそうですが、取り回しを考えるとiPad miniのほうがいいかもと考えています。

2月中には結論を出したいです。

iPhoneスマホ

現在使用している6s Plusを使い続けても良いのですが、SuicaやiDを使えるようにしたいです。Android端末にしようかとも考えていましたが、iPadが欲しくなったのでやはりiPhoneで行こうと思います。

すぐには変えないと思います。

一眼レフの交換レンズ

APS-C用の望遠ズームレンズが欲しいです。主に幼稚園の入園式や運動会がターゲット。現在所有のEF-S55-250mmはSTMでないので、フォーカスの遅さが気になってます。運動会でも200mmあれば画角は十分なことは、昨年の運動会下見の時に確認済みです。
55-250mmSTMか、18-135mmのSTMかUSMかで悩んでいます。18-135mmならばレンズ交換なしで対応できる場面が増えそうです。

3月上旬には一旦結論を出したいです。何かは買うと思います。

カメラバッグ

カメラバッグでなくても良いのですが、望遠レンズ(先述)をつけた一眼レフが入るくらいのショルダーバッグ(斜め掛けバッグ)が欲しいです。普段はリュック派なのですが、カメラ重視の外出で便利に使えるバッグが欲しいです。
もしくはLoweproとかのカメラケースのほうが良いかもしれません。

薄着になり荷物が減る春夏ごろに買いたいです。

保温お弁当箱1月9日追記

ご飯だけ保温できるタイプのお弁当箱(保温ジャー)が欲しいです。お昼はお弁当を会社に持って行っていますが、冬は寒いので暖かいご飯が食べたいなと。おかずは既に持っているスープジャーで味噌汁やスープを持って行けるので、ご飯だけ保温できるもので良いです。

3歳の長女用に手帳を買いました

昨日、長女と散歩で行った本屋で買ったものはこちら。

手帳です。


右側が家族の予定確認用に使う、自分用のサブ手帳です。大きさはだいたいiPhone 6s Plusと同じです。ちょっと持ち歩くのにも良さそうです。ちなみに仕事用のメイン手帳はA5サイズのものを使っています。


左側が長女が自分で選んだ、長女用の手帳です。まだ3歳なので手帳というよりはお絵かき帳として使っています。手帳を使った教育をしていこうというつもりはなく、買う約束をしたから買いました。
青い花柄の手帳。大人っぽい選択だと思います。キャラクターものの手帳はなかったので、そこに落ち着いたのだと思います。


一昨日、娘のものを収納している棚を整理した時に、使い切ったノートを片付けしました。ノートの中には祖母がくれた2018年の手帳が含まれていたので、新しい手帳を買うのを約束しました。
歩いて出かけるという誘いに乗ったのは、約束通り手帳を買うのが目的だったからだと思います。小さな約束ですが、子供はちゃんと覚えている。親が忘れたふりをしたとしても、子供は何も言わなくてもきっと覚えている。約束を守られなかったことは心のどこかに残っているはず。だから、すぐに約束を果たせて良かったです。

久しぶりに3歳の長女を外に連れ出しました

冬になってすっかりインドア派に変わってしまった3歳の長女を、今日は久しぶりに連れ出しました。と言っても公園などで遊んだわけではなく、徒歩約10分(長女の速さでは15分〜20分)の距離の本屋までの散歩です。

本当は冬でも暖かい日は外遊びをさせたいです。しかし私が寒がりで外に出たくないのと、長女も家の中での遊びが今は楽しいようで、1ヶ月くらい外遊びをしていませんでした。
寒さを警戒して、公園遊びではなく散歩に誘ったのですが、今日のように風がなく穏やかな日であれば外遊びでも全く問題なかったと思いました。同じように穏やかな日があれば、今度は外遊びに誘ってみようと思いました。

お店での滞在時間を含めて1時間に満たない外出でしたが、長女にとってはいい刺激になったみたいでした。帰宅後はやたらと元気に歌ってうるさいくらいでした。最近は夜の寝付きが悪くて泣きながら寝る日もあったのですが、今日は疲れたらしくいつもよりも1時間以上早く、自分から寝る支度を始めて、泣かずにスッと寝付けました。
やはり外で日を浴びて過ごすのは大事なのかなと感じました。

次女の生後2ヶ月間の様子について

次女が生まれて2ヶ月になりますが、その間のブログ更新回数が少なかったこともありブログ上での存在感があまりありません。実生活ではどうかというと、あまり泣かないで過ごしているので、あまり手がかかっていません。泣くときはお腹が空いた時がほとんどです。眠くて泣くときももちろんありますが、抱っこしてあげるとすぐに寝ることがほとんどです。


意思疎通ができる長女の相手を優先したり、家事を優先したりで次女は放置されることが多いのですが、そんなときもおとなしくしています。いつのまにか寝ていることも多々あります。


今日は実家で新年のご挨拶でした。両親と兄家族4人と、自分たち4人の合計10人がワイワイ言いながら食事をしていてもおとなしくしていました。ずっと寝ていると思われるくらいに。
長女もマイペースですが、繊細な面があります。2人目はそういうものだという気もするのですが、次女はマイペースでかつ図太くなるのではないかと感じさせる2ヶ月間でした。