シコウのブログ

育児中サラリーマンが考え、試していることの記録です

夏休みに気がついたこと

連休前日に1歳8ヶ月の娘が手足口病を発症して、その三日後に妻が同じく手足口病を発症した今年の夏休み。8月11日の山の日から始まる10連休は炊事や洗濯など家事と、回復してきた娘の相手をして過ごしました。

 

普段は料理をほとんど妻に頼っています。なので、娘のための幼児食も含めて1日3回の食事を数日間連続して作るのは初めての経験でした。冷蔵庫の中の食材と買い物する食材を考え、買い過ぎずに買い物をしつつメニューを考えることの難しさ。あるいは食事の時間に合わせて料理を仕上げる(娘の分は冷ます)ことの難しさ。想像していた以上に難しかったです。頭は常にフル回転でも間に合いませんでした。次の食事の支度をしながら、その先の食事のために並行して仕込みをしていくなんて、できませんでした。

 

炊事だけでも大変でしたが他の家事も同様です。例えば1日の中で、あるいは1週間の中で掃除や洗濯をどう組み合わせるか。さらに娘の相手をする時間をどうやって作るか。

今回は妻が娘の相手をしてくれる裏で自分が中心に家事を進める体制だったので、なんとか回せました。これを平日の日中は娘と一対一でこなしている妻の凄さと大変さは、今回の夏休みを経験した今想像するよりもどれくらい上なのだろう。そう考えることができるようになったことが、今回の夏休みの1番の収穫かもしれません。

 

今回の夏休みで気付けて良かったもう1つのことは、家事など毎日のことを丁寧にすることが満足した、幸せな気持ちにつながるということです。

今回の夏休みは持ち物の整理を進めようと意気込んでいました。しかし整理にかける時間はほとんど作れませんでした。夏休み期間中に実際に整理できた持ち物は本当にごくわずかです。

それでも普段使うものをきちんと整頓したり、ホコリをこまめに掃除したり、掃除のときに一部分だけでも普段以上に手をかけたり。そういうことをすると満足感が得られるし、気持ちよく暮らせることがわかりました。

 

夏休みはもう終わりましたが、今回の夏休みで得られた気づきを大切にして暮らしたいです。

 

 

 

ベビーゲートを撤去しました

設置だけして常に開放していたベビーゲートを撤去しました。昨年の9月にハイハイや伝い歩きでの侵入を阻むために設置して以来、約11か月設置していました。その間に扉を閉めたのはおそらく10回もなかったと思われます。理由は扉が閉まると大泣きするから。泣かれることにストレスを感じて、だったら開け放しにしてしまえというわけでした。

 

最近は専らタオルかけとしてしか使っておらず、存在がジャマに感じていたので数日前に撤去しました。最近でも扉が閉まると不満の声を上げていた娘。鉄製の部分にマグネットを付けて遊ぶことはしていたものの、つまづくこともあるしゲートは基本的に嫌いなものだったようです。

 

撤去作業をしていると、近づいてきては「ここを回せば外せるの?」という具合に撤去作業を手伝う娘。1歳8か月でも、何をしていているか、その結果どうなるかを理解できていたみたいです。撤去作業に関しては全面協力でした。

f:id:maraissalant:20170818233649j:plain

 

結果から考えると、ベビーゲートは無駄とは言わないけれど高い買い物でした。

 

 

手足口病の経過観察 発症から7日

1歳8ヶ月の娘が発症した手足口病。5日目までは以前の記事に記したので、今日は6日目と7日目の経過です。山場は超えて、回復期に入ったようです。

 

6日目

熱はもう平熱に戻りました。

発疹も相変わらず、かゆそうにはしていませんがまだ残っています。全体的に引いてきた感じはするものの、まだまだ目立ちます。大きめの発疹はだいぶ乾燥してきて、手で撫でるとザラザラする部分が多くなりました。撫でても嫌がらないところを見ると、発疹は本当に気になっていないみたいです。

 

7日目

大きな発疹の表面がカサカサになり、かさぶたのように剥がれ始めました。剥がれかけているものを見ると気になるようで、自分で触っていました。

発疹の中には原因菌が繁殖しているとのことでしたが、完全に乾いて剥がれてきたからか、下の皮膚はきれいで、菌がいそうな液体も見られませんでした。

あとは発疹が収まるのを待つだけのようです。

 

 

妻(大人)2日目

初日は38度台まで上がった熱もこの日は37度台前半まで落ち着きました。しかし発疹の発生とかゆみの増大が始まりました。

 

妻(大人)3日目

熱は収まりましたが、手の発疹が痛かゆくなり相当辛そうです。喉にも発疹が出たようで、食事にも支障が出始めました。

 

手足口病」という得体が知れないけれど軽そうな名前ではなく、もう少し大変な病気であることがわかる病名があったほうがいいというのが、妻の意見です。私も同感です。

昔からある病気のようですが、特効薬や予防のワクチンは未だに開発されないのでしょうか。

 

レゴを導入しました

手足口病を発症して外に遊びにいけなくなった、1歳8ヶ月の娘。一日中家の中で遊ぶのは、親も相手をしきれないということで新しいおもちゃを導入することになりました。新しいおもちゃはレゴです。

 

レゴを選んだ経緯

まずは1歳半になった頃から、ブロックのおもちゃを与えたいと考えていたことが前提にあります。

レゴにするかブロックラボにするかを少し悩みました。しかしブロックラボはアンパンマン仕様なので少し高価であることと、うちではアンパンマンを押していないということから、レゴにしました。

「レゴ デュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス 10580」というものを選びました。Amazonの売れ筋だったので、おそらく定番のものでしょう。通常のレゴより大きなブロックですが、通常のレゴと互換性があるとのこと。将来レゴで遊び続けたら、長く使えるのも嬉しい点です。

ブロックラボとレゴ デュプロも互換性があるとのことなので、アンパンマンにはまってしまったら少し買い足して遊ぶことも可能です。

 

遊び始めてみて

土曜日に検討して、土曜の25時くらいに発注しました。Amazon primeで日曜の夕方に到着してその日は未開封。翌月曜日の朝から遊び始めて今日が2日目です。気に入ってくれたようで、よく遊んでいます。まだ何か形を作ることはできないので、2つのブロックを重ねては外す程度の遊び方です。

ブロックは一人遊びアイテムとして育てていきたいので、親はなるべく手を出さないようにしたいです。とはいえ、まだ重ねるのもおぼつかないところもあるので一緒に遊んでしまうことがほとんどというのが現実です。

今はまだ「こんなふうにも組み合わせられるんだよ」と例を見せて、創造力を刺激する段階かなと思います。そのうちに親の創造力を超えて遊び始めるでしょう、きっと。

f:id:maraissalant:20170815225852j:image

 

 

手足口病の経過観察 発症から5日

1歳8ヶ月の娘が手足口病を発症してから5日目です。3日目までの経過は以前記事にしたので、今回は4日目と5日目の経過を記します。

熱の症状は3日目がピークで、発疹は4日目がピークだったようです。

1番の問題は、妻も発症したことです。

 

4日目

熱は少し高かった時間もありましたが、ほぼ平熱に戻りました。食事も一応食べやすいものを用意しましたが、ほぼ普通に食べられるようになったようです。

発疹は朝起きた時にひどくなっていました。しかし口の周りや、左の手首など、部分的には落ち着き始めたように見える部位もありました。早めに出て大きくなっていた発疹は、かさぶたのように硬くなり始めました。見ているこちらがかゆいような見た目ですが、かきむしることはなかったです。多少はかくときもありましたが、夏なので汗が原因かもしれない程度です。

 

5日目

熱は平熱です。遊ぶ体力ももう完全に元に戻ったようです。食事も通常通りに食べられるようになりました。

発疹もまだまだ赤いものの、全体的に収まり始めたようです。

前々日に手の指に1つ発疹ができていた妻が、本日発熱しました。手の発疹も少し増えたようです。唾液や排泄物から感染するとのことですが、感染ルートはおそらく唾液だと思われます。

 

 

娘は発疹以外は回復してきて体力が戻りました。外で思いっきり遊ばないと、体力がが有り余って昼寝も寝付かなくなりました。しかし他の子に感染させてはならないので公園などには行けず、困りました。

 

家として大変なのは妻が発症してしまったことです。寝かしつけなど、どうしてもお母さんでないといけなくなってしまっている場面があります。妻には負担をかけるし、娘にもストレスを感じさせてしまいます。父親としての働きが試される夏休みになってしまいました。

 

フリード納車から半年での感想をまとめました

今年2017年の2月9日にフリードが納車されてから約半年が経ちました。約半年が経った時点での感想をまとめておこうと思います。この間、週末のちょっとしたお出かけの他にも、埼玉から兵庫への帰省旅行という長距離も経験しました。

 

良かった点

  1. スライドドア+車内ウォークスルー
  2. HondaSensing
  3. 静粛性と快適性

足りない点

  1. 後席独立制御のエアコン
  2. ロールを大きく感じることもある

 

良かった点

1)スライドドア+車内ウォークスルーが便利

 フリードに乗り換えた最大の理由です。スライドドアは子供の乗せ降ろし時にとなりの車へのドアパンチを心配することなく、最大開口で乗り降りできるので便利です。電動なので手をかけるだけで開くのも便利です。車内ウォークスルーのおかげでチャイルドシートへの着座などの世話の際に車内を通って運転席と行き来できるのも便利です。これらは高い室内高との相乗効果もあると思います。

 

2)HondaSensingが便利で快適

 渋滞のない高速道路での運転がとっても楽になりました。ACC(自動追従制御)のおかげで上り坂での速度低下とか気を使わないで良くなりました。前走車の速度や割り込みなどに気をつけないと急減速されることもありますが、ちゃんと予測していれば防げるレベルです。燃費も良くなると思います。LKAS(車線維持補助)も細かい操作を減らしてくれるので助かります。

 

3)静粛性と快適性も十分

 オデッセイハイブリットのように静かとはいきませんが、自分にとっては十分静かで快適です。エンジンの回転数が上がるとドコドコいう音が大きくなりますが不快ではなく、楽しんでいます。高速走行時の細かい音や振動が前車の初代フィットと比べると劇的に進化しているのが嬉しいです。

 

足りない点

1)後席独立制御エアコンが欲しい

 フリードに対して大きな不満を感じる唯一の点です。ステップワゴンやオデッセイにはオプションがあるので、フリードでも選べるようにして欲しいです。暑がりの幼児が後ろに座っているので、後ろの席を冷やしたいのですが、エアコンの吹き出し口はダッシュボードのみなので前席が寒くなります。この点ではステップワゴンが良かったなと思います。

 

2)ロールが大きい

 ミニバンの宿命とも言えますが、全高・重心が高いので旋回時のロールを感じる場面があります。室内高とのトレードオフでもあるので仕方ないとは思います。足回りを変えると変わるのかもしれませんが、お値段もかかりますし、試着をして買えるものでもないので今後も買えないでしょう。そもそも大きな不満と思っているわけでもありません。

 

 

総合すると、デザインも含めてとても気に入っています。子供が1歳になり出かける機会が増えて来たのに合わせて買い換えて、本当に良かったと思います。子供ができるまではミニバンは好きではなかったのですが、フリードに乗ってみて、フリードに限らず様々な車種が売れている理由がわかりました。

 

 

手足口病の経過観察 発症から3日

1歳8ヶ月の娘が手足口病を発症してから3日目。症状の経過を記録しておこうと思います。

 

初日(木曜日)

熱が39度近くまで上がった。熱が出たので機嫌も悪くなる。発疹はそんなにひどくなく、手や足首、お尻に目立つ程度。

病院に行ったりで昼寝ができず、夕方に寝てしまう。親の夜ご飯の時間に目を覚ますが、抱っこですぐに寝てしまい夜ご飯は食べなかった。

空腹が原因なのか、発疹がかゆいのか痛いのか、熱が辛いのか。原因は定かではないけれど夜泣きをする。2時過ぎに起きた時には少しご飯も食べて、4時過ぎから7時までは泣かずに寝ていたので、空腹が最大の原因だと思われる。

 

2日目(金曜日)

熱は38度半ば程度まで。解熱剤も飲んだので効いたみたいです。発疹が肘の内側や足の付け根にも広がる。唇や舌にも発疹がでてきたので、それが痛いからか食事が進まなくなる。

朝ごはんは牛乳やパンを食べられたけど、バナナやヨーグルトは食べなかった。お昼はうどんのみ。夜はほとんど食べられず。

夜ご飯を食べなかったからか、この日も19時半頃に寝たものの1時間半くらいおきに泣いて起きる。23時半くらいに起きた時に、ご飯を食べたら明朝6時半まで寝続ける。この時点で、夜泣きは空腹が原因だと確信しました。

 

3日目(土曜日)

熱は高い時でも37度台前半に落ち着く。発疹はさらに広がり、太ももや顔にも広がる。手首やお尻、足の付け根辺りが特にひどくでています。

食事は離乳食のようなおかゆに変更したからか、食べるようになりました。

午前中に少し散歩をしたのですが、いつもよりも疲れやすいのか、途中から不機嫌になり帰宅したら寝てしまいました。

しかし遊びに行かないのは体力が余ってしまうようで、午後は昼寝をしなかったし、夜の寝つきもよくありませんでした。

 

 

もともと皮膚は強くない方だと思うのですが、皮膚の弱いところに発疹が強くでているように思います。オムツの当たるところも、皮膚には優しくないので出ているのだと思います。

発疹は痛々しいですが熱が下がったようなので、まずは良かったです。